若はげを治す方法 » 若ハゲの原因 » 若ハゲは何故起きるのか?若ハゲのメカニズム             

若ハゲは何故起きるのか?若ハゲのメカニズム             

読了までの目安時間:約 3分

最近何となく髪の毛が抜けているんじゃないか、髪の毛が細く弱くなってきのでは・・・。

そんな風に髪の毛が気になっている人は少なくないのではないでしょうか。

しかも、他人に薄くなってきたんじゃない?なんて指摘されると酷くショックを受けます。

自分にはハゲなんて無縁のこと、ハゲるとしても年相応にしかならないと多くの人は思っている事でしょう。

ハゲは、ある程度年齢がいっていてもショックなものです。

それが若ハゲとなるとショックも一塩です。

仕方がないと諦められるレベルの話ではありません。

人生80年と言われる現代において20代でハゲることは、後の60年をハゲて過ごす事になるのです。

これではある意味、人生の先行きが見えてしまうと言うものです。

出来れば、高齢になるまでハゲずに過ごしたいものです。

では、何故若ハゲは起きるのでしょうか?

これまではハゲの原因と言えば、遺伝と言うのが相場でした。

しかし、近年の研究によって、遺伝は無関係ではないにしても、主要な原因ではない事が判ってきました。

最新のハゲの研究では、ハゲの主要な要因は男性型脱毛症と呼ばれるものが起因であると判明したのです。

もちろん、原因はそれだけではなく、複合的に捉える必要はあるのですが、中心的原因は男性型脱毛症であり、ハゲの治療は、イコール男性型脱毛症の治療であると言っても過言ではないのです。

男性型脱毛症は文字通り、男性ホルモンの過多や分泌異常が起因となります。

増えた男性ホルモンと元々体内に存在する5aリダクターゼと言う還元酵素が結び付きます。

するとジヒドロテストステロンと言う強力な脱毛作用を引き起こすホルモンが生成されます。

ジヒドロテストステロンが育毛のサイクルを著しく乱すのです。

その為、脱毛のサイクルが早くなり、発毛のサイクルが遅くなります。

すると脱毛に発毛が追い付かなくなり、やがて薄くなり、最終的にはハゲになってしまうのです。

完全にハゲてしまったらもう手遅れです。

病気と同様、ハゲも早期発見が完治を大きく左右します。

早く発見し、放置せずにすぐに治療にあたれば、男性型脱毛症やハゲは完全に治る可能性が高まるのです。

まだ大丈夫だと後回しにして放置すると、男性型脱毛症は進行性のものですので、早い段階で手遅れになる可能性があるのです。

多くの人が、自分がハゲて行く事を受け入れたがりませんので、どうしても治療も遅れがちになります。

ですが、治療は早くて損をすると言う事はありません。

少しでも早く治療にあたることがハゲない1つの道なのです。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報