若はげを治す方法 » 若ハゲ対策 » 若ハゲ、男性型脱毛症を克服しよう!

若ハゲ、男性型脱毛症を克服しよう!

読了までの目安時間:約 3分

では、若ハゲを克服するにはどうしたら良いのでしょうか。

メカニズムから想定出来る解決方法はジヒドロテストステロンを撃滅する事です。

ですが、残念ながら現在ジヒドロテストステロンを直接的に攻撃する有効な手立てはありません。

そうなると解決策が無い様にも感じますが、そうではありません。

育毛業界では、発想の転換をし、ジヒドロテストステロンが生成される前段階で抑えてしまおうと言う考えに至りました。

つまり、ジヒドロテストステロンの生成の元になる、男性ホルモンと5aリダクターゼの抑制です。

これらの抑制は育毛剤などではなく服用薬があるのです。

現状様々な育毛剤、発毛剤が作られていますが、基本的には男性型脱毛症治療には薬が有効であり、育毛剤で「これだ!」と言ったものは明確にはなっていません。

では、その服用薬はなんでしょうか。

実は専門医に行きますと、多くの場合プロペシアと言う薬品が処方されます。

このプロペシアは、ホルモンバランスを整える効果があります。

つまり男性ホルモン過多や、分泌異常を抑制する力があります。

正常な男性ホルモンの分泌量であれば、ジヒドロテストステロンは生成されません。

ジヒドロテストステロンが生成されなければハゲの要因となるものはないと言う事なのです。

若ハゲの大きな要因は男性型脱毛症ですので、これを抑える事でハゲの抑制が出来ると言う訳です。

男性型脱毛症の治療には、現在もう1種類効果のある薬があります。

その薬がフィナステリドです。

最近ではフィナステリドをプロペシアの代わりに処方する医師も増えてきました。

フィナステリドは、男性ホルモンは無視し、還元酵素である5aリダクターゼの働きを阻害する効果があります。

ホルモンをいじるとバランスが良くなくなり、いくらかの弊害が出てきます。

そこでフィナステリドが注目され始めたのです。

とは言え、薬である限りフィナステリドにも副作用はあります。

ですが、基本的に薬と言うものは効果であれ、副作用であれ個々人との相性次第と言え、2種類の薬品があり、より自分に合うものを使える、つまり選択肢が広がっている事はメリットしかありません。

どちらかが駄目だった場合に、チャンスが残されていると言う事です。

副作用に関しては、どちらの薬も臨床試験データでは、発症率は精々が5%程度です。

そう考えると、副作用に見舞われる人は極めて少ないと言えます。

ですが、副作用の兆候が少しでも見えたら、即刻使用を中止すべきである事は間違いありません。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報